MENU

カラーやブリーチで薄毛になるってホント?

20代の女性は誰でも男性やまわりの女性からよく思われたいと思いますよね。そのためいろいろなおしゃれをして自分の外見を磨くことになります。そして女性のおしゃれで特に力を入れるのが髪の毛です。なぜなら女性は髪が命などと言われるほど髪の毛が重要視されるからです。そのため多くの女性はブリーチを使用して脱色したり、ヘアカラーを使用して髪の毛を染めたりします。
しかしカラーやブリーチを利用することによって薄毛になるという話を耳にすることがありますが、これはホントなのでしょうか?

間接的に薄毛の原因となる場合があります

カラーやブリーチを利用して染めたり、脱色したりすると髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまいます。それによって髪の毛が弱々しくなってしまったり、強くてしっかりした髪の毛が生えにくくなってしまったりして間接的に薄毛の原因となる場合があります。またカラーやブリーチにもいろいろな種類がありますが、特に薬品が強い場合は受けるダメージもそれだけ大きくなるので、薄毛の原因となってしまう可能性も高くなります。そのためカラーやブリーチは使い方に気をつけたほうがいいでしょう。

頭皮をしっかりケアすることによって対策できます

カラーやブリーチを使用すると間接的に薄毛の原因になってしまうのは事実ですが、頭皮をしっかりケアすることによって対策することができます。具体的には髪の毛の成長を促す成分が多く含まれている育毛シャンプーを使用してダメージを受けた頭皮をしっかりケアしましょう。育毛シャンプーは洗浄力があまり強くないので、しっかり頭皮を保護することができます。