MENU

20代女性の主な抜け毛原因

女性の抜け毛が目立つようになるのは一般的に40代後半から50代後半の更年期を迎える時ですが、ここ最近では20代の若い女性で抜け毛に悩む人も少なくありません。基本的に若い年齢の女性は女性ホルモンは十分にある状態なのでしっかりした髪の毛が生えてきやすいのですが、それ以外の要因で抜け毛が目立つようになっています。

 

そこで20代女性の髪の毛が抜けてしまう主な原因として無理なダイエットをする、不規則な生活をしている、髪の毛に負担の強い髪型にしているなどがあげられます

 

無理なダイエットをする

女性がダイエットをする場合に食事制限の方法を利用することが多いですが、これが極端であると栄養をあまり摂取できない状態になってしまいます。そのため髪の毛にしっかり栄養素がいかなくなってしまい、弱くて質の悪い髪の毛ばかり生えてきて抜け毛が多くなります。

 

不規則な生活をしている

不規則な生活をしていると夜遅い時間まで起きている状態が長く続いて睡眠不足に陥ってしまいます。そして髪の毛は睡眠中に成長することになるので、睡眠が少ないと強くてしっかりした髪の毛が生えてこなくなってしまい、抜け毛が目立ってしまいます。

 

髪の毛に負担の強い髪型にしている

最近の女性はおしゃれで自分の個性を大事にする人が多いです。そのため髪の毛に負担の強い髪型にする女性も少なくありません。しかしこのような髪型にすると髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうことになり、次第に生えてくる髪の毛が細くなって抜けやすい状態になってしまいます。

 

 

20代の抜け毛原因と更年期の抜け毛原因の違い

現在20代の若い年齢層の女性から40代後半から50代にかけての更年期を迎えている女性まで幅広い年齢の女性が抜け毛に悩まされています。しかし20代の若い女性の抜け毛の原因と更年期を迎えている女性の抜け毛の原因は相違があります。そのため抜け毛対策は別々の方法でする必要があります。

 

20代の女性の抜け毛の原因

20代の女性の抜け毛は、先述したように髪の毛や体に悪い影響を与えていることが原因となっています。まず夜遅くまで起きてしまい、睡眠不足になっていることです。睡眠が不足すると髪の毛がしっかり成長しないので、抜け毛が多くなってしまいます。次にストレスを多く抱え込んでしまっていることです。ストレスも体に悪い影響を与えたり、血流を悪くしたりするのでしっかりした髪の毛が生えてこなくなってしまいます。また度を越したダイエットをする若い女性も多いですが、これによって本来取らなければいけない栄養素が不足してしまい、髪の毛にも悪い影響を与えてしまいます。

 

そして20代の女性の抜け毛の原因は自分で改善できるものばかりなので対策すれば抜け毛を防ぎやすいと言えます。

 

更年期の女性の抜け毛の原因

更年期の女性の髪の毛が抜ける原因としてあげられるのが女性ホルモンの減少です。女性は30代後半から40代に差し掛かると女性ホルモンが急激に低下してしまいます。女性ホルモンが少なくなるとしっかりした髪の毛が生えにくくなってしまい、抜け毛が出やすくなってしまいます。

 

そこで更年期の女性の抜け毛対策としては女性ホルモンの減少を少しでも抑えるようにする必要があります。